(仮)blog

雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンネタが多いかもしれないです。

それもアリだ

今日は暖かかったので、昼休みにエレキを連れて例の場所へ。


先日の、作業着のお兄さんがいました。あいかわらず、ちょっと多めのお弁当ガラをわきに置いて。
そしてわたしも、定位置?へと向かいました。
その場所はちょうど直射日光があたる場所で、横を向いてお弁当を食べることに。
だがしかし!なんとそこにはたくさんのアリさんがはりきって競歩していた。。。
まあ植栽している場所なので、あたりまえといえばあたりまえなのですが。


子どものころはナウシカばりに虫と仲良くしていたものの、現在は虫は大の苦手、いえ苦手というより、こわいのです。
さされたり、かまれたり、ふれたりすることでかなり大変なことになってしまう体になってしまったからです。
すこしの間、戦々恐々としつつそこに座っていたものの、脇に置いたかばんをよじのぼっているアリさんを見たとたん、小さく叫び、食べるのもそこそこに立ち上がり。
どうしようかとおろおろしつつも、とりあえず立ち上がったままに楽器を弾くことにしました。
もうオケ曲の練習をすることは、残念ながらしばらくありません。
そしてエレキ楽器での練習なんて音楽の練習にはならないから、ひたすらヴィブラートの練習をし、飽きたら先日決まった発表会の曲をいたずら弾きして遊んでいました。


だけど!
アリさんよりも、重大な問題が。。。
それは花粉です。
あらゆる花粉にアレルギーがあり、しかも症状が鼻喉からほぼ皮膚へと移行してしまった今、みるみるうちに体中が痛痒くなっていきました。
腕は真っ赤に腫れあがっています。おそらく、首はもっとひどいことになっていたと思います。
会社に帰ってからも、くしゃみがとまらなくなって、これから数ヶ月はできるだけ、さらにあの時間帯にいることは控えたほうがいいのかもしれません。
でもその後は梅雨、そしてその後は猛暑、蚊、秋花粉・・・。


はぁ。。。空の下で練習できるのは、一年のうちでわずかの間しかないのでしょうか。
エレキを見つめてため息をつく。
しかしこの子、思ったよりも…ですけどけっこういい音出します、当然生楽器とはまったく違いますが。
いま使っているものとは全然違う、金属感の強い弦の音を聴きながら、楽器って本当に人間のようだと思いました。


うん。本当、いろんな人がいますね。


以前はそういうのでほとほとうんざりするばかりでしたが、最近はなんだかもはや面白がれている自分がいます。


歳をとってまるくなったのか、それとも何もかもがわりとどうでもよくなったのかはわかりませんが、おそらく前者なんだと思いたいです。


不協和音。、そればっかりじゃ、人生うんっざりしちゃいますけどね。


曲の終わりには、それがあってよかった、だからこそ深みを増すことができたと感じると思う。


それが長い長い曲の中の、繰り返し記号もない、ほんの1小節だったとしてもです。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。