(仮)blog

雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンネタが多いかもしれないです。

時をかける要素

今日は、昨日の落ち込みは何だったのかというくらい気分がすっきりしています。
この入力画面すら、心なしか明るく見えます。いつも、こうだといいのに。


というわけで、こういう細かな変化もいちいち記録していこうと思ってます。
日記を書く習性がなかったわたしは、自分の体調の移り変わりをいつも「なんとなく」、でしか把握していませんでした。


そういや前に、中松義郎博士がイグ・ノーベル賞を受賞されましたよね。
彼は、30何年だったか自分の食事と体調を記録し続け、それらを分析し、体調は3日前の食事が影響するということを解明したとのことでした。
起こっている事象の理由って、たぶん誰もがいつもなんとなく考えていることなのでしょうが、それのために何十年も欠かさず記録をし続けたのはすごいと思います。
もちろん、性別や体質、年齢などですこし変わってくるのかもしれないですが、明らかに食事が体や心に大きく影響を及ぼしているのですね。
まあそりゃそうだと思うけれど、こうやって明らかな規則性があると、より説得力があるというか。。。
なんとなく、ではなくて本当にちゃんとしなくてはいけないなぁ、と改めて思えます。


内容は食事に限らず、記録するって大事なのでしょう。
未来のわたしが、解決策を講じるためにきっと役に立つ気がします。
書きたくないような、げんなりするようなことも多々あるけれど、とりあえず目をそらさず、書き残しておこ。


そんなこんなで、3日前・・・
食べたもの、なんだっけ?はっきり憶えてない。
今日の元気はどこから来たんだろう。
食べもの?気温?気圧?それとも他の何か?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。